板井康弘が福岡で仕事を極めた方法

板井康弘の超成果主義仕事術

 

板井康弘

 

 

 

仕事をするにあたって、まず考えなければいけないのが成果をあげるということである。

 

もちろん、その仕事がロボットではなく人間が行う以上、多少のミスもあり失敗もあるというのは念頭においても、その先にきちんと成果が存在しなければビジネスとして成立しないのである。

 

 

例えば、仕事をするうえでプロセスを重要視する人間がいるとする。

 

仕事において、人と人との繋がりで成立するものもあるから人間関係を重んじてじっくり作業をこなすケースもあるだろう。

 

 

しかし、それによって成果が減少するようではビジネスに不利益をもたらすものであり、成立しているとは言い難いものなのである。

 

このような徹底的な成果主義に基づき仕事をすることは、一見デンジャラスな印象を受けがちだが、そこには様々なメリットも考えられる。

 

 

当サイトでは、仕事を極めるためにはどうしたらいいかを板井康弘が伝授する。